逆転の発想で就職を有利に転換しよう

GUM01_PH04016

吃音(どもり)が原因で、様々なことに対して積極的な行動が取れない人もいるようです。
周囲から見ると大したことがないように思えますが、当の本人にとっては大きな問題なのです。
そのため就職も心配になります。
どもりは就職に大きく影響するのでしょうか?

吃音(どもり)症の方は、就職活動や面接の時に大きな影響があるのでは、と心配される方が多くいます。
また保護者の方の中には、子供の将来を気にする方を見かけます。
どもりの症状がある子供が将来就職をする時、希望の職種に就けるのかとても不安な気持ちになってしまうのです。
しかし、心配する必要はありません。
たとえ吃音(どもり)症であっても、それが原因で就職に不利になることはありません。
そのため本人もどもりのことを隠さないで、面接の時はオープンにすると大きな自己アピールになります。
どもりの症状がなくても、面接に失敗する人も多いのです。
面接の時、どもりが原因で自分の意思を満足に伝えられない方もいるかもしれませんが、それは大きな要素ではありません。
大切なことは積極性です。
企業は人間性を重視していますので、いかに自信を持って望んでいるのかが大きなポイントになります。
どもりの症状がある方の中には、あえて接客業など会話の多い業者を選択される方も多いのです。

逆転の発想が大切です

どもりが原因で自信喪失する人も少なくありませんが、それはとてももったいないことです。
そのどもりを、あえて利用してみてはどうでしょうか?
前述のように、あえて会話が必要な職種にチャレンジしてみるのも1つの方法です。
有名人の中にも、どもりの症状があるのに、あえて会話が必要なアナウンサーにチャレンジした方もいます。
このように会話が必要な職種で働くことで、どもりを克服できる可能性が高くなるのです。
吃音(どもり)以外の病気や障害などお持ちの方も、様々な職種で活躍しています。
ですので、どもりがある方でも心配いりません。
逆転の発想で、逆にどもりを有利に転換していけば良いのです。
就職活動の面接はとても緊張するものです。
どもりの症状がなくても言葉に詰まったりして、上手く自己アピールできない人もたくさんいます。
何も恥ずかしがることはありません。
常に前向きな気持ちを持つことが大切なのです。
面接の時は自分のどもりを隠さずに、しっかりとアピールしてください。

吃音(どもり)症の方の中には、就職で不利になるのではと思っている方も少なくありません。
しかしそんなことはありませんので、積極的に行動してください。
努力すれば、きっと希望の職種に就けます。