吃音者でもプレゼンテーションは乗り切れます

GUM02_PH03099

新規事業や新規プロジェクトなどで行うプレゼンテーションは、吃音(どもり)者の方にしてみたらとても緊張するものです。
しかし、担当であれば席を外すわけにもいきません。
どうすればこのピンチを切り抜けることができるのでしょうか?

吃音(どもり)症の方も、様々なところで話す機会があるでしょう。
そのような時、どもりが出たらどうしようという思いになることがあります。
しかし、その場面から逃げるわけにもいきません。
ピンチを切り抜ける必要があるのです。
会社では、様々なところで話す場面が出てきます。
朝礼、会議、ミーティングなど多くのシチュエーションが訪れるはずです。
その中の一つがプレゼンテーションです。
プレゼンは、会社の将来がかかっていますので失敗は許されません。
そのような思いを背にすると、どうしてもどもりの恐怖から逃れることができなくなります。
そのため、吃音(どもり)者がプレゼンに挑む際には、まず緊張感を解くことから始めてください。
大切な時に緊張してしまうと、たとえ最初は良くても最終的には失敗に終わる可能性が高まります。
例えば人という字を手に書いて飲むと落ち着く、という話もありますが、そういったものでも良いのです。
自分が落ち着くように、自己暗示をしてみましょう。
心が落ち着いた後でプレゼンに挑んでください。

マイペースで行ってください

プレゼンテーションというのは、吃音(どもり)者でなくても緊張するものです。
普段どもらない方でも、緊張のあまりついどもってしまうことがあります。
そのため、吃音(どもり)者の方の不安は計り知れません。
しかし、心配する必要はありません。
落ち着いて行えば良いのです。
そのためには、「マイペース」も大切です。
緊張感がなくなった後、次はマイペースを心がけてください。
何でもそうですが、自分のペースで物事を行うことが理想です。
プレゼンテーションは多くの人たちが参加しますが、自分のペースで上手く行えば皆さんついてきてくれます。
プレゼンは、成功することが最終目標です。
どもりなどが原因で、途中で失敗することは許されません。
そのためどもりで心配な方は、常にマイペースでスピーチをすれば良いのです。
ゆっくりで良いので、相手にプレゼンテーションの内容が伝わるように話してください。
そうすることで、プレゼンを乗り切ることができます。

会社のプレゼンは、とても緊張するものです。
特に、どもりの症状がある方は尚更のことでしょう。
しかし、注意さえすればプレゼンを乗り切ることができます。
緊張を解し、マイペースを心がけてください。