自信消失と吃音の関係

01CLP20680

人は何かに失敗すると自信を失くしてしまいます。
その失敗をすぐに忘れることができれば良いのですが、人によってはいつまでも気にすることがあります。
吃音(どもり)もまたその中の一つといえます。
スピーチなどで言葉に詰まると、自信を失くすことがあるのです。

吃音(どもり)症で悩んでいる人も少なくありませんが、その原因として挙げられるのが「自信消失」です。
これには次の2通りのものがあります。
1つめは「幼少の頃に自信を持つ機会がなかった」、そして2つめは「あることがきっかけになって自信を消失した」ことです。
家族や周囲の大人たちが厳格であれば、どうしても子供は自信を持つことができず、自信を消失してしまう可能性が高いのです。
自信を失くすことが、吃音(どもり)やどもりの原因になることがありますので、注意する必要があります。
現在どもりの症状がある方は、子供の頃の環境が原因かもしれません。
子供の頃の自信消失は、大人になっても大きく影響を及ぼします。
特にどもりの症状は改善に時間がかかりますので、気をつけたいところです。

自信を持てることに挑戦してください

自信消失は、もちろん大人になっても起こります。
毎日、様々な出来事が起こりますので、その中で自信を消失する方も多いのです。
そして、それが徐々に吃音(どもり)症を引き起こし、気がついたら何も言えない状態になっていた、という方も少なくありません。
自信というのはとても大切なものです。
あることに自信を持てると、次のステップへの弾みにもなります。
しかし自信を消失してしまうと、それ以上先に進むことが困難になってしまいます。
会話もまた同じです。
自分のスピーチに自信を持つことができれば、次のスピーチも楽しみになるでしょう。、
しかし、一度失敗すると自信を失くしてしまい、次のスピーチでは言葉に詰まるなどの、どもりの症状が出てしまう人もいるのです。
現在、吃音(どもり)症の悩みがある方の改善策としては、とにかく自信を持つことです。
何でも良いので、自信を持てるような場面を与えてください。
本人が自信を持てれば、次第に話し方も改善されていきます。
次は失敗しないようにと、自覚が出てくるのです。
自信を消失することで様々な場面に影響が出ますが、一度自信がつけば全て取り返すことができます。
どもりも同じですので、まずはどんなことでも良いので行動しましょう。

自信消失すると、その後のステップアップが困難になります。
しかし自信がつけば、今までの困難を改善することができます。
どもりの症状もまた同じですので、症状がある方は何か自信が持てることに挑戦してみてください。