間違いだらけの吃音(どもり)改善法!吃音症の基礎知識

人前で話をする時、吃音(どもり)が気になって上手く話せないことがあります。
普通は一度言葉に詰まってもすぐに立て直すことができますが、吃音(どもり)の症状がある方はなかなか上手くいかないようです。
人と安心して話をするためには、吃音(どもり)を改善する必要があります。

吃音(どもり)について
吃音(どもり)を改善するためは、最初に吃音(どもり)についての知識を身につけることが大切です。
吃音(どもり)症は言語障害の一種ですので、会話をする時に言葉が詰まったり、また早口で話をする時に言葉が突っかかるのとは異なります。
実際に吃音(どもり)症の方を見てみますと大人は1%程度ですが、小学生から高校生の方がおよそ1.2%、5才以下の子供はおよそ5%という数字があります。
この数字からも分かるように、吃音(どもり)症というのは子供や幼児のしゃべり始めの小さいお子さんに多い症状といえます。
吃音(どもり)の原因としては、脳の機能の問題が挙げられます。
小さい子供は脳の機能分化がまだ進んでいませんので、それが話す際に大きく影響しているのです。
このように吃音(どもり)は大人と比べて子供に多く見られますが、幼少期の吃音(どもり)については大人の症状と比べて完治しやすい傾向にあります。
しかしある程度成長すると、なかなか治りにくくなります。
そのまま、成長して学校に通うようになると、吃音(どもり)の症状が気になり周囲の反応を気にするようになるでしょう。
それがきっかけで、対人恐怖症やうつ症状が出る場合がありますので注意してください。

早期治療が一番です
吃音(どもり)は一度気にしてしまうとそのまま定着し、さらに治りにくくなります。
その状態が続くと、自分のどもりを気にして人との会話もままならなくなるのです。
このように、吃音(どもり)症は一度本人が自覚すると完治が難しくなるのが特徴といえます。
お子さんの吃音(どもり)の場合、できるだけ早く改善することが大切です。
本人が気にする前の一次性吃音(どもり)状態のうちに、専門医の診察を受けることをおすすめします。
早期治療が何よりの改善策です。
お子さんの吃音(どもり)は、環境の調整などによって治ることが多いのです。
また大人の場合でも改善できますので、早めの治療を心がけてください。
病院で吃音(どもり)治療を受ける場合、耳鼻咽喉科、精神科、リハビリ科、神経内科、心療内科で可能です。
お近くのクリニックに自分の症状を伝え、改善策を提示してもらいましょう。

吃音(どもり)症は子供から大人まで多くの層に見られますが、特に小さい子供さんに多いようです。
現在症状がある方は、早めに診察を受けることが大切です。
まずは専門クリニックに相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です